無添加ドッグフードで行こう!

無添加のドッグフードって本当にいいの?

愛犬に毎日食べさせるドッグフード。良いものをあげたいですよね。

 

でもペットショップには沢山の種類があって、通販でも良さそうなご飯も売られていて…

 

何をあげたら一番いいの…?

 

あなたはそんな風に思ったことはありませんか?
私も犬を飼ってますが、最初すごく悩みました。

 

そこで、知り合いの獣医師さんやペットフード協会に問い合わせたりして、いったい何が良いのかを調べていきました。

 

そこで出てきた一つの答えが「無添加のドッグフード」です。

 

添加物の入っていないドッグフードは高品質で、愛犬の健康にも良いご飯なんだそうです。

 

そこで、当サイトでは何故無添加のドッグフードがいいのか、そして当サイトオススメの無添加ドッグフードをご紹介していきます。

 

あなたが愛犬にあげるドッグフードを悩んでいるのなら、当サイトを読めば何を買えばいいのかわかりますよ!

危険な添加物って一体何?

ここ最近「愛犬は家族」という言葉をよく耳にしますよね。

 

私もそうですが、犬を飼っている方にとって、愛犬は息子であり、娘であり、大切な我が子なのです。

 

そのため健康に対する意識も高まってきて、家族の食事が気になるのと同様に、ペットの食べ物に対しても「添加物のないものが欲しい」というニーズが高まっています。

 

あなたも「無添加の良いドッグフードをあげたい」と思っていませんか?

 

私はずっとそれで悩んでいました。
そこでまず、「危険な添加物」とは一体何を指すのかを調べました。その結果、危険な添加物とは何なのかが分かってきたのです。

 

絶対避けたい危険添加物@:発色剤


ドッグフードの色を鮮やかな肉色にするために使われます。
この発色剤には

  • 亜硝酸ナトリウム…発がん性・変異原性・生殖毒性あり

が使われており、当サイトでは愛犬に与えてはならない添加物に指定しています。

 

絶対避けたい危険添加物A:酸化防止剤


ドライフードであっても開封後は時間と共に酸化していきます。
この酸化を防ぐ為に入っているのが酸化防止剤。
この酸化防止剤には

  • 亜硝酸ナトリウム…発がん性・変異原性(遺伝子への悪影響)・生殖毒性あり
  • BHA…発がん性・行動異常などが指摘されている
  • BHT…発がん性・変異原性(遺伝子への悪影響)・奇形
  • エトキシン…突然変異誘発性・発がん性などが指摘されている

などが入っており、当サイトでは愛犬に与えてはならない添加物に指定しています。

 

絶対避けたい危険添加物B:保存料


ドッグフードの賞味期限をのばす為に使われています。
細菌の増殖を防ぎ、フードの変質や腐敗を防ぎます。
この保存料には

  • ソルビン酸…亜硝酸ナトリウムと反応すると、発がん性物質などを生成する
  • ソルビン酸カリウム…ソルビン酸と同様の性質を持つ
  • プロピオン酸…接触すると皮膚などに炎症が起きる場合がある

などが入っており、当サイトでは愛犬に与えてはならない添加物に指定しています。

 

絶対避けたい危険添加物C:着色料


ドッグフードに色を付けるために使われています。
見た目だけの話なので全く必要ありません。むしろ愛犬の体を蝕んでしまいます。
着色料には

  • 赤色2号…発がん性・染色体異常。アメリカでは食べ物への使用禁止
  • 赤色3号…発がん性・染色体異常。アメリカ・ドイツ・ポーランドなどで食べ物への使用禁止
  • 赤色102号…アレルギー性・染色体異常。ノルウェーでは食べ物への使用禁止
  • 青色1号…発がん性。EU諸国では食べ物への使用禁止
  • 黄色4号…アレルギー性・染色体異常。ノルウェーやオーストラリアでは食べ物への使用禁止

などが入っています。他にも「赤色●号」「黄色●号」と言った形で表記されているものは全て有害で、当サイトでは愛犬に与えてはならない添加物に指定しています。

 

なるべく避けたい添加物@:甘味料

フードに甘味をつけます。
天然のものであれば問題ありませんが、人工的な甘味料には

  • ショ糖…カロリー高く肥満の原因に。摂取すると血糖値が急激に上がる
  • ソルビトール…大量に摂取すると下痢の原因になる
  • キシロース…大量に摂取すると白内障になる

などが含まれており、当サイトでは愛犬になるべく与えない方がいい添加物に指定しています。

 

なるべく避けたい添加物A:嗜好性増強剤

犬の食いつきを良くするために入っています。
低価格のもので「食いつき抜群」的な書き方をしているドッグフードには入っていると考えていいでしょう。

 

問題は、嗜好性増強剤は原材料表示に記載されないこと。
例えば鶏脂などに嗜好性を高めるものを混ぜても、表記は「鶏脂」なのでわかりません。

 

また、これらの味に慣れてしまった犬はナチュラル風味では満足できなくなってしまうことも問題です。

 

 

 

従来のドッグフードはこれらの添加物が大量に使われていました。
近年の見直しにより少なくなってきましたが、ドッグフード購入時には是非チェックしてもらいたい部分です。

 

でもこんなにチェックするのは面倒だわ

 

そんな風に思いましたか?
わかります。その気持ち。

 

そこで、そんなあなたに代わって当サイトが徹底チェックした「無添加」のドッグフードをご紹介いたします。

 

添加物の入ってないドッグフードを愛犬に与えたいのなら、この中から選べば間違いありませんよ!!

おすすめ無添加ドッグフード一覧

カナガン モグワン

●原産国:イギリス

●グレインフリー(穀物不使用)のため、肉類の配合量が多くなっている。

原材料が全てヒューマングレード。

●合成添加物を使わず、犬が本来必要としている栄養バランスを実現。

●欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアした工場で製造。

●原産国:イギリス

●原材料は全てヒューマングレード。

●厳選した野菜やフルーツを使用。

●新鮮なチキン生肉と生サーモンをふんだんに使い、動物性タンパク質の割合は50%以上。

●グレインフリー。

●着色料・香料不使用。

キアオラ ピッコロ

●原産国:ニュージーランド

●穀物不使用、肉を最大限に配合した無添加ドッグフード。

●全ての肉は、抗生物質やホルモン剤などの薬剤を使用していない自然放牧の肉。

●動物性タンパク質を1種類の肉とサーモンに絞っている。

●自然の抗酸化剤である、ローズマリー・グリーンティ・スペアミントの抽出物を使用。

●原産国:イギリス

●原材料はすべてナチュラル素材。

人工的な香料や着色料等の添加物を一切使わず、保存料も天然成分から抽出したビタミンEを使用。

●体調管理の難しいシニア犬のために、カロリーと脂質を控えめに。

●チキンとサーモンの配合量は70%

●グレインフリー。

 

 

他のおすすめ無添加ドッグフードはこちらで紹介しています

無添加ドッグフードの国産が欲しい

日本のドッグフードの基準は甘い

 

そんな言葉を聞いたことはありませんか?

 

実は日本では、ドッグフードは「雑貨」に分類されており、人間に使ってはいけない添加物でも使える場合があります。

 

一方外国はペット先進国なだけあって、ドッグフードの基準も厳しいです。
添加物は使った場合はきちんと表示し、さらに第三社機関が厳しいチェックを行います。

 

しかしそれでも「国産がいい!」という方も多いでしょう。何より言葉が通じますしね(^-^)

 

そこで当サイトでは、国産で安心安全な無添加ドッグフードをリサーチ
この中から選べば間違いないというリストを作成しました。

 

ナチュロル 馬肉自然づくり

●グレインフリー(穀物不使用)、保存料等不使用の100%無添加ドライドックフード。

●安定持続型ビタミンCが高濃度で配合され、健康寿命をケア。

●生の牛・鶏・馬・魚肉などの上質な新鮮生肉を55%以上使用。

●空気を遮断する特殊アルミ袋と安全なヒト用の脱酵素シートを使用。酸化を徹底して防止する。

●鮮度にこだわる馬刺し専門店「(株)利他フーズ」が、人間用と同じ鮮度の馬肉を贅沢にも使用している。

●保存料・着色料・香料などの添加物を不使用。

●人が食べても美味しい国産ドッグフード。

プリモ ペロリ

●生肉をミンチにして穀物に練り込み、低温で時間をかけて、発泡させないで製造している。そのため、犬が必要とする動物性タンパク質の素材を壊すことなく生食に近いドライフードに仕上がっている。

●バージンオイルを使用し、低温製造のため、油の酸化も最小限に。

●酸化防止剤・防腐剤・防カビ剤等を一切使用せず。

●DL-メチオニン(尿石症予防)を添加している

●人も安心して食すことのできる安全な素材を厳選して使用。

●メインの原材料となる馬肉・鶏肉・すなぎもの肉類は全て国内にて食肉衛生検査工程を経た安心できる、鮮度の高い精肉を使用している。

●抗生物質・成長ホルモン剤等は一切使用せず育成。

●防腐剤・合成保存料等の添加物は一切使用せず、天然素材にこだわって製造された、国産無添加ドッグフード。

 

主原料別の無添加ドッグフード一覧で選びたい

ドッグフードで最も大事なのは「主原料」。

 

チキンが良いのか、サーモンが良いのか、ここは愛犬の好みやアレルギーなどで分かれるところですよね。

 

そこまで愛犬のことを把握されているあなたは、本当にいい飼い主さんだと思います。ワンちゃんも幸せですね(^-^)

 

ここでは主原料別にドッグフードを分けてみました。
もちろん全て「無添加」ですよ!是非参考にしてみて下さい

 

鶏肉で探す

 

鶏肉で探す

 

鶏肉で探す

 

鶏肉で探す

 

 

 

鶏肉で探す

 

鶏肉で探す

無添加ドッグフードで愛犬と幸せに暮らそう

ドッグフードに使われている添加物は、香料、着色料、結合剤、乳化剤などで人間の食べるものと全くと言っていいほど同じという意見もあります。

 

しかし、犬と人間では体重が違います。また発がん性や染色体異常などを指摘されている添加物をあえて摂取させる意味はよく分かりません。

 

添加物は

  • ドッグフードを長持ちさせる
  • 安価でドッグフード作れる
  • 食いつきを良くする

といったメリットがありますが、
その対価として愛犬の健康、ひいてはその命と引き換えにするほどのメリットには思えません

 

無添加のドッグフードで、愛犬と幸せに暮らしましょう!
当サイトのイチオシ無添加ドッグフードは、カナガンです(^-^)
(管理人もカナガンユーザーです)

 

カナガン買う